FRIENDLY info

Just another WordPress site

宇宙飛行士になるにはどんな条件が必要か?給与は?年収は?

   

NASAの宇宙飛行士に1万8千3百人に応募があったと本日のヤフーニュースを見ていて知りました。い、一万八千人?!なぜそんなに人気なのか?気になったので調べてみました。

広告



宇宙飛行士の仕事とは?

宇宙飛行士は宇宙では、様々な実験や研究を行い、ロボットアームの操作をし、宇宙服を着て船外活動を行ったりします。また、地上ではそれまでの訓練等で得た経験を活かして機器の設計・運用、訓練の開発に携わったりします。

宇宙飛行士の応募条件

宇宙飛行士になるには、JAXA(宇宙航空研究開発機構・日本)で採用され、NASA(アメリカ航空宇宙局・アメリカ)で訓練を受け、その後でやっと宇宙飛行士の認定を受けられる、という長い道のりなんです。そして、認定を受けたからといっても全員が宇宙に行ける訳ではないんです。

宇宙飛行士の応募条件は、技術的・科学的な専門知識はもちろんのこと、下記のような印象的な条件もありましたので掲げてみました。

  • 英語が流暢であること
  • 心身ともに健康であること
  • 社交的であること

書類審査や英語・一般教養・自然科学の筆記試験、面接試験、泳力の試験、心理学的な検査等があります。

なお前回2008年のJAXAの宇宙飛行士応募時は2人の枠に963名の応募がありました!倍率高っ。

宇宙飛行士の給与

宇宙飛行士の平均給与は30万~37万で、年収に換算すると500万~850万円位となります。宇宙へのフライトをしたその年は年収1,000万円と言われています。宇宙に行くってかなりのリスクを伴うと思うので、この給与の額、思っていたより少ないな、という印象です。ちなみに同じ空を飛ぶ職業としてパイロットの機長で年収約2,000万円です。

宇宙飛行士は、給与がいいからとか年収がいいからなりたい職業ではなく、宇宙が大好きで宇宙に情熱を持っている人が憧れてなるものなんでしょうね!

歴代の宇宙飛行士

  • 秋山豊寛(ソユーズ)
  • 毛利衛(エンデバー)
  • 向井千秋(コロンビア・ディスカバリー)
  • 若田光一(エンデバー・ディスカバリー・ソユーズ)
  • 土井隆雄(コロンビア・エンデバー)
  • 野口聡一(ディスカバリー・ソユーズ)
  • 星出彰彦(ディスカバリー)
  • 山崎直子(ディスカバリー)
  • 古川聡(ソユーズ)
  • 油井亀美也(ソユーズ)

まとめ

宇宙飛行士は頭がいいだけでなく人格も良い人達ばかりって事が分かりました。そして年収・給与は会社勤めの人と同じだという事でした。

まだまだ未知の世界である「宇宙」。優秀な宇宙飛行士たちによって益々解明されていく事を期待します。

広告



 - 宇宙