FRIENDLY info

Just another WordPress site

リオ五輪陸上男子ケンブリッジ飛鳥はどこのハーフ?父親と母親の出身地

   


リオデジャネイロオリンピック2016の陸上男子100mで、見事予選を突破したケンブリッジ飛鳥選手。日本代表だけど、ハーフのようですね。

今回はそんな陸上界の新生、ケンブリッジ飛鳥選手について、また彼の両親について調べてみました。

 

スポンサードリンク



 

ケンブリッジ飛鳥選手について

ケンブリッジ飛鳥選手のプロフィール

  • 氏名:ケンブリッジ飛鳥アントニオ
  • 国籍:日本
  • 出身:ジャマイカ
  • 生年月日:1993年5月31日(23歳)
  • 出身校:東京高校 日本大学文理学部
  • 所属:株式会社ドーム
  • 身長:180㎝
  • 体重:76㎏

小学校の時は意外にも、6年間サッカーをやっていたケンブリッジ飛鳥選手。中学の時に先生に勧められて陸上を始めたそうです。サッカーで足の速さが凄い!と先生が気づいたんでしょうね!

2013年、東アジア大会200mで優勝!2016年の国内大会で優勝しています。100mの自己ベストは10秒10です。

リオデジャネイロオリンピック陸上男子100mのメダルへの期待がかかります!

 

ケンブリッジ飛鳥選手の父親と母親の出身は

ケンブリッジ飛鳥選手はハーフなのですが、ご両親は、父親がジャマイカ人、母親が日本人です。母親がジャマイカ旅行中に出会い、ご結婚されたのだとか。

ケンブリッジ飛鳥選手は「イケメン!」と言われてますから、ご両親もきっと素敵な方なんでしょうね!

ジャマイカ人て、短距離速い人が多いですよね。体のつくりも違いそう。筋肉のつき方もヤバくないですか?!ジャマイカ人の血を引くケンブリッジ飛鳥選手の腹筋も見事に割れてますよ!

 

ケンブリッジ飛鳥選手が2歳の時までジャマイカで暮らし、その後大阪へやってきました。ですからほとんど日本での生活ですね。

「ジャマイカ」の公用語は英語なんですが、ケンブリッジ飛鳥さんも英語をネイティブ並みに話されるかもしれませんね!

 

スポンサードリンク



 

ケンブリッジ飛鳥選手のリオ五輪

ケンブリッジ飛鳥選手は、陸上男子100m予選を見事突破しました!おめでとうございます。タイムは10秒13と、自己ベストには至りませんでしたが、メダルへの期待がかかります。というか期待してます!


男子陸上100mには強敵がいっぱいいますね。ジャマイカのボルト選手や、アメリカのガトリン選手などなど。陸上競技は盛り上がりますから、試合が楽しみですね!

 

まとめ

今回はリオデジャネイロオリンピック日本代表の、ケンブリッジ飛鳥選手についてお伝えしてきました。

ケンブリッジ飛鳥選手はジャマイカ人と日本人のハーフで、国籍は日本です。陸上男子100m予選も突破し、期待がかかる選手です!

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

■関連記事

リオ五輪水泳男子1500m金メダル、グレゴリオ・パルトリニエリ選手!

リオ五輪水泳「水」タトゥーのイケメン、ルカ・ドット選手をチェック!

リオ五輪内村航平と嫁の出会い、馴れ初めや子供についてチェック!

 

スポンサードリンク



 - オリンピック