FRIENDLY info

Just another WordPress site

東京震度7?地震速報の誤報はなぜ起こってしまうのか、その原因とは

   

8月1日午後5時9分頃に、気象庁により東京湾震源の震度7・マグニチュード9以上の地震発生の緊急地震速報を誤配信したというニュースがありました。この誤報はその後取り消されました。「マグニチュード9」という文字を見た時に、相当びっくりしました。一体なぜこのような誤報が起こってしまうのか。その原因を調べてみました。

スポンサードリンク



 

緊急地震速報のメカニズムとは

緊急地震速報」とは、気象庁が大きな揺れがくる少し前にテレビやラジオや携帯電話などでお知らせするものです。

地震の揺れは、地面から伝わってくるもので「地震波」と言います。「地震波」にはP派・S派という種類があり、P派の方が先に地面を伝わってきます。地震計がP派をとらえた時に、瞬時に「震源の位置」や「規模(マグニチュード)」を推定して、強い揺れが起こる前に、緊急地震速報としてお知らせしているのです。

日本は地震大国です。あの緊急地震速報があちこちから聞こえてくると、すごく焦りますね。あの音がトラウマという声もあります。

この誤報で、一部の鉄道が運転を一時停止したりといった事態にもなっています。

スポンサードリンク



 

緊急地震速報の誤報原因とは

気象庁による誤報の取り消しの「お知らせ」が公式ホームページにアップされています。

お知らせ

平成 28 年 8 月 1 日 17 時 09 分頃に発表した 緊急地震速報(予報)について

平成 28 年 8 月 1 日 17 時 09 分頃に、千葉県富津市付近を中心に最大震度7を 予測した緊急地震速報(予報)を発表しましたが、その後周辺の観測点で揺れ が観測されなかったため、15 秒後にキャンセル報を発表しました。 この原因は、緊急地震速報に活用している防災科学技術研究所の富津観測点 のデータに大きなノイズが記録されたためです。 なお、緊急地震速報(警報)は、このようなノイズによる発信を回避するた め、2点以上の観測点で揺れを観測した場合に発表することとしており、今回、 緊急地震速報(警報)は発表しておりません。 また、17 時 12 分頃にも千葉県富津市付近で震度5弱以上を予測した緊急地震 速報(予報)を発表しましたが、これも同様のノイズによるものと考えられます。

要約すると、富津観測所でノイズをキャッチしたせいで緊急地震速報の誤配信が起こってしまったという事ですね。結局「ノイズ」って何なの?という事ですが、調べたところ、「落雷」によるものという説が濃厚でした。当時、地震計のある付近には発達した雨雲がかかっていた事による「落雷」の見解です。

以前にも緊急地震速報の誤報がありました。2013年の8月、この時も原因は「ノイズ」でした。この時のノイズは「同時に起きた2つの地震によるもの」だったのです。

今回も「ノイズ」としているのも、落雷によるものとハッキリ断言できないからだとは思います。

まとめ

「マグニチュード9」と聞いた時には、かなりビックリしました。地震速報アプリの画面も震度7を示す「7」の数字で埋め尽くされていました。誤報はないに越したことはないですが、十数年前の緊急地震速報のなかった時代に比べたら、本当に地震がある時に知らせてくれる機能は避難の準備をするのには重宝します。

自然界にはさまざまなノイズがあり、地震計も地震だけを拾う事は難しいのかもしれません。今後はこの事件を踏まえて益々技術の進歩を遂げていくのではないかと思います。

以上お読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 - ニュース