FRIENDLY info

Just another WordPress site

第35回全国女子駅伝が悪天候(吹雪)で観ててかわいそうだった?!

   

2017年1月15日に開催された第35回全国女子駅伝、京都で開催されました。あいにくの悪天候の中、見事「京都府」が優勝を果たしました。この女子駅伝の放送を観てネットでは「かわいそうだ」などといった意見も多くありました。その辺をまとめてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク




全国女子駅伝開催地京都の天気は

天気は日本海側と中国・四国・近畿は太平洋側でも雪に注意が必要とあり、マラソンのコースは吹雪となってしまいました。駅伝のテレビ中継中も、吹雪で真っ白で放送事故のような状態もありました。

 


いくら走ってるからって吹雪の中だと体も冷えてしまうのではないか、と心配になってしまいますね。応援も大変です。

当日の9時の時点で京都市の積雪は14㎝でした。この女子駅伝を開催するかどうかは、天候を鑑みて11時ごろまでに決定したようです。

 

全国女子駅伝の感想は

ネット上では競馬でさえ大雪で中止なのに・・といった声もありました。確かにこの吹雪・寒さの中走るというのはとっても強いメンタルが必要ですよね。選手の皆さま、素晴らしいです。

たまたまテレビつけたら、真っ白だった、なんていうツイートも多くありました。


かわいそうって思った方々が本当に多くいたようです。中継では、選手の頭に雪が積もってきてるシーンもありました。

どのような基準で女子駅伝が開催されたのかは分かりませんが、中継は寒々しかったです。選手のみなさま、応援に行かれたみなさま、ごくろうさまでした。

駅伝の応援で京都に行かれてた方には、朝、とっても綺麗な景色を堪能された方もいるようです。

 

最後に

今回は吹雪の中開催された第35回全国女子駅伝の放送を観た感想などをお伝えしてきました。この時期は駅伝だけでなく、受験にも悪天候が影響を及ぼします。冬将軍早く去って欲しいですね。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - イベント