FRIENDLY info

Just another WordPress site

ひな祭りはなぜ祝日じゃないのか。ひな祭りの由来と歴史について

   

3月3日はひな祭り、「桃の節句」とも言いますね。女の子の居るご家庭では、ひな人形を飾ってお祝いをします。男の子の日、5月5日は「端午の節句」といい、祝日です。なぜ3月3日は祝日ではないのか?その理由を探ってみました。

広告



かつて、江戸時代は祝日だった?!

「節句」というのは中国から入って来て日本に定着したものの一つで、下記の5つがあります。

  1. 七草の節句(1月7日)
  2. 桃の節句・雛祭り(3月3日)
  3. 菖蒲の節句(5月5日)
  4. 七夕(たなばた)(7月7日)
  5. 菊の節句(9月9日)

七草粥とか七夕などの身近なイベントも、中国から入ってきた文化だったとは驚きですね。

江戸時代に雛祭りは上記5節句のひとつとして、祝日とされていたらしいです。明治に祝日が廃止になり、そして戦後に、祝日を新たに作るときに検討した結果、季節の良い5月5日を「こどもの日」として祝日に制定したというのが大きな理由の一つです。

ひな祭りの食べ物

  • ひなあられ
  • 白酒
  • 菱餅
  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物

これは全部縁起のよい食べ物なんです!色もピンクがメインで「女の子の日」としてお祝いするにはぴったりですね。

雛人形の意味

かつて雛人形は病気や厄災から守ってもらい、人間の代わりをするためのものだったと言われています。人の形をした人形が人間の身代わりになって、人間を守ってくれるという訳です。こういった事から、女の子がお嫁に行っても災いから守ってもらうために、嫁入り道具の一つとして定着していきました。

まとめ

3月3日ひな祭りは、かつては祝日でした!雛人形は守ってくれる人形で、節句は中国からの文化だったという事が分かりました!

「女の子の日」は祝日じゃないけれど、女の子にとって母親と一緒に雛人形をひな壇に飾る事は、クリスマスツリーに飾り付けするのと同じ位ワクワクするし、楽しいスペシャルなイベントですよね!

広告



 - イベント