FRIENDLY info

Just another WordPress site

夏の甲子園、当日券購入するには何時から並ぶ?チケット発売時間について

      2016/08/10

2016年高校野球、夏の甲子園は8月7日(日)開幕です!2016年で第98回になります。野球ファンの人も、普段は特に野球に興味のない人も、楽しめるのが高校野球です。高校球児達のドラマが甲子園球場で垣間見れ、感動をもらえい、時には一緒に涙を流す。そんな夏の甲子園!今からでチケットを購入するには?当日券はどうやって購入するのか?当日券購入方法について調べてみました。

スポンサードリンク



高校野球・夏の甲子園の当日券情報

当日券の料金について

まず甲子園の当日券の料金から紹介します!

  • 中央特別自由席:大人・子供 2,000円
  • 1塁特別自由席:大人1,500円、子供600円
  • 3塁特別自由席:大人・子供 600円
  • 1塁アルプス自由席:大人・子供 600円
  • 3塁アルプス自由席:大人・子供 600円
  • 外野席:無料

上記のように当日券は全て自由席となります。指定席は事前に購入しておく必要があるんですね。あと、購入できる枚数は一人5枚までとなっていますので、朝早くから並ぶ場合には、代表で誰かが並べば5人分までは購入することができます!また、席のMAPは写真のとおりです。

出典:http://www.hanshin.co.jp/koshien/highschool/summer2016/ticket.html

出典:http://www.hanshin.co.jp/koshien/highschool/summer2016/ticket.html

 

当日券の発売時間について

当日券が購入できる場所は、阪神甲子園球場となります。発売する時間ですが、見たい試合の当日、球場の開門と同時の発売開始となります。2016年の高校野球・夏の甲子園の開門時間は下記の予定となっています。

  • 8月7日(日) 7:00開門
  • 8月8日(月) 7:00開門
  • 8月9日(火) 7:00開門
  • 8月10日(水) 7:00開門
  • 8月11日(木) 8:00開門
  • 8月12日(金) 8:00開門
  • 8月13日(土) 7:00開門
  • 8月14日(日) 7:00開門
  • 8月15日(月) 8:00開門
  • 8月16日(火) 7:00開門
  • 8月17日(水) 7:00開門
  • 8月18日(木) 7:00開門 →準々決勝
  • 8月19日(金) 休養日
  • 8月20日(土) 8:00開門 →準決勝
  • 8月21日(日) 11:00開門 →決勝・閉会式

当日券購入についての注意事項

注意事項を紹介しておきます。雨天の時の事が書かれているので、下記をよく読んでから当日券を購入しましょう!

 

  • 一度お求めになった入場券は、第1試合が成立しなかった場合を除き、払い戻しは行いません。
  • 第1試合成立後、降雨等で以後の試合が中止となった場合、入場券の払い戻しは行いません。
    (翌日以後も無効となります。)
  • 第1試合が成立せず、以降の試合も中止となった場合、当日券は翌日有効となります。ただし、払い戻しを希望される場合は、中止当日に限り、大会本部窓口で払い戻しいたします。
  • 第1日目の開会式が降雨等で未了の場合、入場券は翌日有効となりますが、払い戻しをご希望される場合は、当日に限り大会本部窓口で払い戻しいたします。 開会式終了後、第1試合が降雨等で成立しなかった場合、入場券は翌日有効となり、払い戻しはいたしません。

開門時間、試合開始の時刻は変更になる場合もあるので、お出かけ前に公式ホームページをチェックしてからお出かけしましょう!→公式ホームページ(阪神甲子園球場・高校野球情報)はこちら

スポンサードリンク



当日券購入する場合、何時位から並んだらいいのか?

上の写真は昨年のものですが、開会式や人気の試合の当日券となると長蛇の列になります!またお盆休み中は、試合関係なくたくさんの人が観戦に訪れます。(※2016年のお盆休みは8/10~17前後)

なので開会式・お盆休み以外の日は、こだわりの席がある人は1時間前に行って並べば、ほぼ取れるであろうと想定します。開会式・お盆休み中は毎年9時には満席になってしまうようです。上の写真のように朝5時半過ぎから長蛇の列なんて事もありますので、心配な方は早朝に到着するようにしましょう!

 

当日券購入で並ぶときの準備

甲子園球場はびん・カンの持ち込みは禁止です。ペットボトルはOKですので、とにかく夏の甲子園は暑いですから、水分は十分に準備してお出かけしましょう。

また外野席は無料ですが、ほぼ日陰がありませんので、日焼け止めや帽子なども準備していかないと皮膚がやけどしてしまいます!保冷材を準備して首に巻いていくのもオススメです。

内野席も3塁側は日陰が少ないようです。そこら辺の情報も収集してお気に入りの座席を見つけて確保するといいですね。

内野席は一度外に出ると再入場できませんので、何か軽食を準備されたい方は事前に用意しておきましょう。場内にも色々売ってます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。2016年第98回高校野球・夏の甲子園は8月7日開幕で、8月21日が決勝戦です!当日券は開門と同時に発売され、全て自由席となります。料金は600円~2000円ですが、外野席は無料のため大変混雑します。

並びはじめる時間としては、開門1時間前を目処にするといいかもしれません。その日の試合内容や世間のお休みも関係してきますので何とも言えないところですが、参考にしていただけたらと思います!

午後になるとどこが日陰じゃなくなるのか考えてから席を取ると、一日快適に観戦できるでしょう!

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

■関連記事

夏の甲子園準決勝・決勝の指定席チケットの購入方法は?

大阪・履正社の寺島成輝投手のプロフィール

埼玉・花咲徳栄の高橋昴也投手のプロフィール

 

スポンサードリンク



 - 夏の甲子園