FRIENDLY info

Just another WordPress site

iPhone8の新機能やスペックは?ワイヤレス充電や虹彩認証について

   

2016年9月に「iPhone7」と「iPhone7 Plus」が発売になります。ネットでは既に「iPhone7」の次世代「iPhone8」について、2017年に発売になるのではないかという話が出ています。また「iPhone8」のびっくりするような新機能についても色々と言われているので、調べてまとめてみました。

 

スポンサーリンク




iPhone8の新機能について

ワイヤレス充電

アンドロイドは既にワイヤレス充電を取り入れています。ある特定の機器の上にスマホを置くだけで充電できます。

アメリカのスタバの一部では2014年の暮れから、ワイヤレス充電の導入が始まっています。スタバに行って、置くだけなので、コンセントを探さなくてもいいし、コードの煩わしさもなくて便利ですね!

出典:twitter

出典:twitter

 

ただ、iPhone自体にワイヤレス充電を受け入れる機能がある機種がまだありませんので、本体に機器を取り付けての充電となるようです。

出典:http://iphone-mania.jp/

出典:http://iphone-mania.jp/

 

今後、iPhone8にワイヤレス充電が導入され、それが主流になれば、スタバやマクドナルドなどでも、ワイヤレス充電用の機器が設置される可能性もありますね。

ワイヤレス充電に対応していない機種を持っていたとしても、本体側に簡単に取り付けできる上記写真のような機器も日本で販売するでしょうから、ワイヤレス充電は可能でしょう。

iPhoneの充電コードって意外とすぐにダメになってしまったりしますよね。使用頻度の高い人だと1年くらいで使えなくなってしまいますから、コード故障の心配もなくなりますし、ワイヤレス充電は、便利ですね!

 

虹彩(こうさい)認証

出典:http://iphone-mania.jp/

出典:http://iphone-mania.jp/

 

iPhone8では、見るだけでロック解除できる虹彩認証(こうさいにんしょう)[※別名アイリス認証]機能が搭載されると噂されています。

指紋認証が出た時も、画期的だ!と感じましたが、また進化し、どんどんロック解除にかかる時間も短縮になりますね。指紋認証に慣れたiPhoneユーザーは、ロック解除に番号を4桁入力するのも面倒に感じませんか?見るだけなら1秒もかからないかもしれませんね。

さて、虹彩(こうさい)とは、アイリスと言って、目の中の瞳孔の周りのドーナツ型の部分を指します。生後約2年までで形成され、一卵性双生児でさえ違う虹彩を持ちます。なので、個人認証にはとても優れているんですね。

出典:http://www.jaisa.jp/

出典:http://www.jaisa.jp/

 

指紋認証と違って、接触する必要がありませんから、偽造される可能性も低いです。

 

スポンサーリンク




有機ELディスプレイ(OELD)

こちらは新機能というよりも本体の素材についてになります。iPhone8シリーズは3種類のモデルが発売されるとの噂があります。今までのiPhone6と同じサイズのiPhone8、iPhone6 Plusと同じ位のサイズのiPhone8 Plus、そしてプレミアムモデルとしてiPhone8 Plusと同じサイズか大き目のサイズの本体に有機ELディスプレイが搭載されるんです。

有機ELディスプレイは、従来の液晶ディスプレイと違って、バックライトが必要ないので、その分本体の軽量化そして薄くなる、また、バックライトで電池を消耗しないのでバッテリーが長持ちする、といったメリットがあります。

詳しくは有機ELディスプレイについての記事も参考になさってください。

 

 ホームボタンがディスプレイへ埋め込み

iPhone8ではホームボタンがなくなり、ディスプレイと一体化するという噂があります。これについてはiPhone8からではなく、未だ未発表のiPhone7から導入される可能性もあります。

出典:https://smhn.info/

出典:https://smhn.info/

 

iPhoneでwebサイトを閲覧したりしている最中は、ホームボタン部分も全てがディスプレイとして機能するとしたら、現行iPhoneよりもだいぶディスプレイが広く大きくなってより見やすくなりますね。

 

レーザーキーボード搭載

出典:twitter

出典:twitter

 

iPhone8の側面から映し出されるレーザーキーボードで入力が可能に!普段の生活ではあまり出番はないのかな?とも思いますが、忙しいビジネスマンの方々が移動の最中に何か文書を作成しなければならないとかには使えそう、でしょうかね。ほとんどのiPhoneユーザーは既にフリック入力に慣れて速くタイプできますから、それで満足かもしれません。

もしこのレーザーキーボード機能が搭載されて、使用したとしたら、バッテリーの減りが早そうという心配の声もありました。

 

まとめ

今回は2017年発売と噂されている「iPhone8」の新機能やスペックについての今の段階でネット上に出ている噂をまとめてお伝えしてきました。

まとめると、

  • ワイヤレス充電機能
  • 虹彩(こうさい)認証機能
  • 有機ELディスプレイ(OELD)
  • ホームボタンがディスプレイへ埋め込み
  • レーザーキーボード搭載

 

となります。これは便利そう!という機能から、あんまり要らないかも、という機能までありましたね。あくまで噂ですので、その辺はご了承ください。果たしてiPhone8にはこれらの機能が搭載となるのでしょうか。まだ先ですが、2017年の発売が楽しみです。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 - ガジェット