FRIENDLY info

Just another WordPress site

IQ246のあらすじ・原作は?織田裕二の世間知らずっぷりが面白い!

   

出典:http://xn--ddkf5a4b0cua7ha8553j4t5a.com/

出典:http://xn--ddkf5a4b0cua7ha8553j4t5a.com/

 

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿』が10月16日よる9時からTBS系で放送がスタートします。キャストは法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)役で織田裕二(おだゆうじ)さん、和藤奏子(わとうそうこ)役で土屋太鳳(つちやたお)さん、執事・89代目賢正役でディーン・フジオカさん、森本朋美(もりもとともみ)役に中谷美紀さんなど、豪華キャストで話題のドラマです。

その『IQ246~華麗なる事件簿』の原作やあらすじについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク




『IQ246~華麗なる事件簿』の原作は?

『IQ246~華麗なる事件簿』は、原作はなく、オリジナル脚本によるドラマとなっています。このドラマは一話完結なので、見逃してストーリーが分からなくなるような事はありません。IQ246の主人公が難解な事件に遭遇して、解決へ導いてゆく・・といったミステリードラマで、最後は毎回主人公のお手柄だった!という流れになると思います。

それでは、キャスト登場人物をご紹介します。

主人公:法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)/織田裕二

IQ246の天才。法門寺家の長男で常に暇を持て余す。口癖は、

「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」

事件に遭遇すると犯行手口を言い当てる。

和藤奏子(わとうそうこ)/土屋太鳳

警視庁捜査一課の刑事。与えられた任務は事件捜査ではなく、法門寺家の護衛だった。庶民の奏子は法門寺家で執事が居ることに驚く。

89代目賢正(けんせい)/ディーン・フジオカ

代々法門寺家に仕える執事。

森本朋美(もりもとともみ)/中谷美紀

法医学専門医・監察医で変わり者。遺体検分し加害者を絞り込んでゆく。沙羅駆が自分と同じ見立てをしたと刑事から聞き、沙羅駆に興味を持っている。

 

スポンサーリンク




『IQ246~華麗なる事件簿』のあらすじ

法門寺家という鎌倉の名家の長男には代々IQ246の頭脳が遺伝し、89代目当主の沙羅駆(しゃらく)も天才。常に暇を持て余し「どこかに私が解くに値する謎はないものか」が口癖。難解な事件に遭遇するも、犯行手口を言い当てていく。そんな頭の切れるIQ246の天才沙羅駆の活躍ぶりが見どころのドラマです。

このドラマは一話完結なので、1週見逃しても、いつ見ても楽しめるドラマなのがいいですね!

第一話は10月16日に放送されますが、石黒賢さんがCMクリエイティブディレクター役で登場します!


 織田裕二さんと石黒賢さんの初共演は、1993年に放送されたドラマ『振り返れば奴がいる』ですね!YA~YAYA~YAYA~YA~YA~♪と頭の中にチャゲアスの音楽がかかってきそうですが、このドラマでは総合病院を舞台に対立する優秀な外科医を演じました。

この時の織田裕二さんは、打算的な嫌われ者ででも腕は確かな優秀な外科医の役でした。冷たい感じの先生を見事に演じていました。石黒賢さんは、やさしくて誠実な、患者に好かれる先生で、外科医としては保守的な役でした。

初共演が20年以上前で、当時の外科医としての年齢設定は27~8歳だったと思います。今回40代後半になった二人の共演、どのような演技となるのか、楽しみですね。

また、護衛や執事のいる法門寺家には、何か秘密が隠されていそうですね。そして頭は切れるが凡人の生活をしたことがない沙羅駆は世間知らずで突拍子もない行動をしそうですね。

中谷美紀さん演じる森本朋美さんとの恋愛に発展するのか?!も見どころかと思います。

 

まとめ

今回はドラマ『IQ246~華麗なる事件簿』の原作やあらすじについてお伝えしていきました。原作はなく、オリジナル作品でかつ一話完結型のドラマなので、いつから観ても楽しめると思います。織田裕二さんの天才っぷり&世間知らずっぷりが面白いドラマなのではないかと思います。

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿』の放送は10月16日(日)よる9時からTBS系で放送です!

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

■関連記事

IQ246のロケ地の場所はどこ?織田裕二の撮影目撃情報!

スポンサーリンク




 - ドラマ