FRIENDLY info

Just another WordPress site

こち亀200巻で40年連載終了の葛飾区・亀有駅の反応をまとめてみた

   

出典:LINE NEWS

出典:LINE NEWS

 

「こち亀」でお馴染みの漫画、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、9月17日発売のジャンプで連載終了となる。このニュースを受けて、ツイッターでは「こち亀」「連載終了」「コミックス200巻」とこのニュースに関するワードが3つも同時にトレンドとなっていたので、ネットでの反応や、葛飾区での反応をまとめてみました。

 

スポンサーリンク




「こち亀」終了はなぜ?

「こち亀」作者の秋本治さんのコメントでは、体調不良などではなく、200巻を迎える今年2016年に入ってから連載終了は意識していたんだそうです。今は次の作品の構想中なんだとか。

40年・200巻まで続く漫画というのもすごいですね。しかも「こち亀」は40年間休載は一度もないとの事です。秋本治先生、素晴らしいですね。

ちなみに長寿の漫画は他にあるのか調べたら、「ゴルゴ13」が今現在で181巻でした。この漫画は「こち亀」が1976年に連載開始したのに対し、1968年から続いている漫画です!巻数としては「こち亀」が一番のようです!

始まりがあれば終わりはありますからね。ファンにとっては少し寂しいけど、読み直すと言っても200巻もあったら大変です。笑。

 

 葛飾区民の反応は

葛飾区と言えば、「寅さん」と「こち亀」というくらい、「こち亀」は知名度を上げるのに貢献しました。そんな葛飾区民の人達にとっては、40年も続いた連載が終了してしまうのは、とても寂しそうです。

 


他にも、「こち亀は永遠に続くと思ってた」や「こち亀の連載終了は笑っていいとも終了よりも悲しい」という意見もありました。

また、ニュースキャスターが”こちら葛飾区亀有公園前派出所が・・・”というセリフ、3回位噛んでました。それが笑えるというツイートも多くありました。アナウンサー泣かせのタイトルですね。この件で、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」という早口言葉が仲間内で流行り始めた人もいるみたいです。

また、「葛飾区亀有公園前派出所」という交番は実在しないのでご注意を。

「こち亀」連載終了を受けて、葛飾区で何か今後イベントが行われたり、なんて事もあるかもしれませんね。ドラマや映画の舞台となった場所や、ロケ地を訪れるのは流行ってるようなので、漫画の舞台となった葛飾区に観光客がどっと訪れたりするかもしれませんね。

 

まとめ

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載が9月17日号のジャンプで終了することになりました。このニュースの反応をまとめてお伝えしました。

連載終了は寂しいですが、コミックは200巻もありますから、これを機に読み直してみてはいかがでしょう。まだ読んだことないよ、という方は漫画喫茶でぜひ!

秋本治先生の次回作に期待しましょう。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - アニメ・漫画, ニュース