FRIENDLY info

Just another WordPress site

舛添要一の辞職後の後任は誰?次期都知事の候補者予想3人!!

   

政治資金の公私混同問題で、舛添要一都知事が遂に21日付けで、辞職正式決定しましたね。結局、辞職は舛添要一都知事が申し出る形となりました。これを受けて、都知事選は、この申し出を通知した翌日から50日以内に行われることになっています。7月の都知事選で誰が候補者となるのでしょうか。

スポンサードリンク



 

次期都知事選はいつ行われるか

舛添要一氏が辞職を申し出たのが6月15日で、その翌日から50日以内に都知事選は行われます。7月10日に参院選がありますので、この日が次期都知事選の有力日だと言われています。

2020年には東京オリンピックを控え、「東京五輪の顔」となる次期都知事候補には誰がなるのか?注目せずにはいられませんね。

それでは、有力だと思われる候補者をご紹介します。

 

次期都知事の候補者3名

東国原英夫氏(58歳)

前宮崎県知事の東国原英夫氏は、2011年の石原慎太郎氏が当選した都知事選で2位でした。その時の得票数は石原氏が262票、東国原氏が169票で惜しくも当選できませんでした。

また、舛添氏が当選した前回の都知事選でも、ギリギリまで出馬を考えていた東国原氏。今回の次期都知事選は東国原氏にとってチャンスではないでしょうか!

ちなみに東国原氏は2014年に再々婚されています。そう、舛添氏と同じ結婚3度目です。

橋下徹氏(46歳)

以前に大阪府知事・大阪市長・おおさか維新の会代表を務めた橋下徹氏。タレントでもあり弁護士でもあり、そして子供は7人という大家族!世間での人気も高いです。

今度の選挙から選挙権年齢が18歳に引き上げられていますから、メディアに多く出演し、年齢的にも若いので、もし橋下氏が出馬したら、若者層の票を集められそうだなと予測しました。

宇都宮健児氏(69歳)

宇都宮氏は前回、前々回の都知事選で982,594票を得て2位になっています。今のところ都知事出馬については「前向きに検討している」とのことです。今回出馬し「三度目の正直」となるのか、気になります。

さまざまな政治家のスキャンダル、特に政治資金については今や世間が注目しています。宇都宮氏でしたらその辺のところは任せられる気がしますね。税金の無駄がなるべく無いような政策を考えてくれそうです。

 

スポンサードリンク



まとめ

舛添要一氏の辞職を受けて、次期都知事選が行われる予定です。その有力候補者を考えてみました。

  • 東国原英夫氏
  • 橋下徹氏
  • 宇都宮健児氏

この3名以外にも有力候補者に池上彰さん、古舘伊知郎さん、羽鳥慎一さん、小池百合子さんなどが名前が上がっていましたが、街頭インタビュー等で、人気第1位は何と、「該当者なし」だったのです。前都知事の猪瀬氏も、1年という短さで辞職し、今回の舛添氏にも政治資金公私混同で幻滅でした。世間は「都知事なんて誰でもいいわ」という感じなのでしょうね。

そうは言っても誰かしら決めなければいけませんから、次の都知事になられる方は、カネを公私混同しないのはもちろんのこと、ぜひ東京都に貢献していただいて任期4年をむかえていただける方にやってもらいたいです。

以上お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



 - ニュース