FRIENDLY info

Just another WordPress site

元総理細川護熙の陶芸作品の価格はいくら位するの?[情熱大陸]

   


2016年8月21日夜11時からの情熱大陸で、元内閣総理大臣の細川護熙さんが出演します!現在は「陶芸家」とのことなので、その陶芸作品はいくら位するのか、気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク



細川護熙(ほそかわもりひろ)さんプロフィール

  • 生年月日:1938年1月14日(78歳)
  • 出身:東京都
  • 出身校:上智大学法学部
  • 内閣総理大臣:1993年8月9日~1994年4月28日

熊本県知事、参議院議員を経て、1993年に内閣総理大臣となりましたが、佐川急便から一億円借り入れ事件により8カ月で内閣総理大臣を辞職し、還暦のときに政界を引退して、現在は陶芸家として活動されています。

ちなみに、熊本県知事の時にアルペンスキー競技の大回転に出場したことがある位のスキーの腕前をお持ちです!

■佐川一億借り入れ事件の概要を引用しておきます。

細川氏は参院議員時代の82年9月に佐川急便グループから1億円の提供を受けた。「熊本市の私邸の修理と東京都港区のマンション購入のために借り、元利を分割して91年1月に完済した。返済原資の多くは知事の退職金」などと国会答弁などと説明したが、自民党や共産党の調べで、熊本の私邸の修理は借金後2年以上たってから行われ、マンション購入も借金の2カ月前だったことが判明。「完済時はまだ知事。退職金で返済したとの説明もおかしい。知事選に使ったのではないか」などと追及された。

細川氏は「時期が食い違うが、知事退職金が入るので、相続財産も含めてやりくりし、完済した」「返済実務にはタッチしていない」などと弁明。「佐川側の資料」として1億円のうち1千万円分の領収書や元金や利息の返済が記帳されている「貸付金台帳」の写しを公表した。

しかし、領収書は発行者名も押印もなく、貸付金台帳も、「貸付金は完済されている」と書かれているだけで、野党側は、「首相の説明は信用できない」として、細川氏の政治団体の会計責任者などを務め、返済を担当したとされる元秘書の証人喚問を求め、予算審議はストップした。追い込まれた細川氏は94年4月8日、首相辞任を表明した。

引用元:http://judiciary.asahi.com/

いつの時代も金と政治はついて回るんですね。

細川護熙さんの陶芸作品はここで見られる!

細川護熙さんは、2001年湯河原不東庵に工房を作り、2004年8月に中軽井沢に穴窯を築き、陶芸家としての活動をされています。

■細川護熙さんのホームページ→細川護熙

また、細川護熙さんの陶芸作品は神奈川の「人間国宝美術館」で常設展示されています!

住所:〒259-0031 神奈川県足柄郡湯河原町中央3-16-1

  • 入館料:1000円
  • 営業時間:9:30~17:00(入館16:30まで)
  • 休館日:年中無休

こちらの美術館では、作品の鑑賞後に、人間国宝が作った器でお茶がいただけます!(入館料に込み)

人間国宝美術館の公式ホームページはこちら

京都の正伝永源院の茶室でも細川さんの作品が見られます!

スポンサードリンク



細川護熙さんの陶芸作品の価格はいくら?

細川護熙さんの作品には壺やお茶碗などがあります。例えば一つ、作品と価格をご紹介します。

出典:http://ameblo.jp/

出典:http://ameblo.jp/

 

信楽茶碗

高さ9.5×口径12.3×高台径6.7cm  価格 45万円(消費税別)

結構高価ですねー。壺になると作品は100万円にもなります。名の知れた人が作った陶芸作品はこれ位しますかね。総理大臣を務めてた時より、陶芸家の方が儲かってるのではないでしょうかねー?!政治家だと神経すり減りそうですし、陶芸家の方が作業に没頭できそうなイメージです。

好きな事をして、それがお金になるなんて素晴らしい人生です。

 

まとめ

元総理大臣の細川護熙(ほそかわもりひろ)さんについて、また細川護熙さんの陶芸作品が見られるところ、作品の価格についてお伝えしてきました。

細川さんの作品は、神奈川県の「人間国宝美術館」に常設されています!また、作品の価格はお茶碗が20万円位からで、壺が100万円位からでした。細川さんは陶芸についての書籍も出版されています。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 - テレビ, 有名人