FRIENDLY info

Just another WordPress site

リオ五輪の治安が心配!犯罪の被害例と旅行中に気をつけること

   

リオデジャネイロオリンピック2016が8月3日から8月21日(現地日付)で開催されておりますが、治安の悪さが問題視されています。

今回は、リオで実際に起きた被害について、また観戦に行かれる方は、リオを旅行中にどんなことに気を付ければいいのか、まとめてみましたので参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク



リオは治安がそんなに悪いのか

リオデジャネイロはブラジルの首都ですね。外務省の「海外安全ホームページ」では、ブラジル全域でレベル1の「十分注意してください」にしています。(外務省ホームページ

その理由を解説していきます。

 

ブラジルは、所得格差から貧富の差があります。そのため、「無いものはある人からもらう」という意識の人たちが多いのです。なので、外国人が居て盗めそうなものがあれば盗むといったことが起きているんですね。

また、犯罪が起きた際、その犯罪の被害者の3分の1しか被害届を出さないんだそうです。

  • どうせ被害届を出しても、犯人は捕まらない
  • 犯人からの仕返しが怖い

といった理由からだとか。

犯罪者の検挙率も低く、この悪循環から犯罪が一向に減らないといった負のスパイラルが出来上がってしまっているんですね。

 

また、治安が悪い最大の理由が、「薬」です。コレが蔓延しているので、みんなお金が欲しい訳です。それで犯罪が起こります。

日本に居るのと同じような感覚でリオデジャネイロを出歩いていると危険ですよ!

 

リオ五輪中の実際の被害例は

リオ五輪中に既に実際に被害も起きています。

スマホ片手にポケモンGOしながら歩くなんてもってのほかです!盗ってくださーいと言ってるようなモンですよ!盗られるだけならまだしも、命を狙われたり、けがをする危険もあるので、絶対にやめましょう。

 

スポンサードリンク



 

リオを旅行中に気をつけること

とにかくひったくりや置き引きが多いです!!!本当に多いです!貴重品は持ち歩かないのがベストですが、犯罪から身を守るための注意事項を記載しておきます。

  • 高価なものを身に着けたりと、派手な格好をしない
  • 人前で財布や携帯やカメラなどを不用意に出さない
  • リュックや斜め掛けバッグは前にかけて手でおさえて歩く
  • 何かする時に自分のバッグから目を離さない
  • お金やクレジットカードは分散させる

と、基本的なこと、ひったくりからの防御術ばかりですが、意外と自分のバッグから少し目を離した隙にやられる事も多いので、皆さんにはぜひ自分の荷物・貴重品を守っていただきたいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はリオデジャネイロオリンピック2016の治安情報や、リオを旅行中に気をつけることについてまとめてみました。

安全で快適に過ごして、オリンピックを楽しんでいただけたらと思います。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク



 

 - オリンピック, 旅行