FRIENDLY info

Just another WordPress site

感動ポルノの意味は何?ステラ・ヤングが使い始めた言葉#バリバラ

   

8月28日よる7時から、NHKのEテレで『バリバラ』ことバリアフリーバラエティショーが放送されました。これは裏番組日本テレビの『24時間テレビ』に対抗するような形になっていたと話題になっていました。そこで登場した『感動ポルノ』とは何なのか、そしてこの言葉を使い始めた「ステラ・ヤング」さんとはどんな人なのか、気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク




『感動ポルノ』とは?

NHKの番組「バリバラ」が「笑いは地球を救う」をテーマに、日本テレビ系の「24時間テレビ」と同じ時間に生放送され、しかも内容が、障碍者で感動させる事に物申すような内容だったので、ツイッターでもトレンド入りするなど、大反響となっていました!

「障害者の感動的な番組」について、健常者の半数弱は「好き」と答えたのに対し、障害者の9割が、「好きではない」と答えています。

 

最近では、魅力的なものを「○○ポルノ」と呼ぶのが世間で流行っています。例えば、

フード・ポルノ・・・「食べたい!!」と思わせるような美味しそうな食べ物の写真

■キャリアポルノ・・・自己啓発書籍のこと

そして、「感動ポルノ」は、障害者は不幸だが頑張っているという感動を人に与えること、というような意味があります。障害者がかわいそうという同情で人に感動を与える、というような感じでしょうか。

オーストラリア出身のコメディアン「ステラ・ヤング」さんがTEDでスピーチした時に使用し、この言葉が広まったと言われています。

では、「ステラ・ヤング」さんとはどんな人なのか、見てみましょう。

 

スポンサーリンク




「ステラ・ヤング」とはどんな人?

Inspiration porn=「感動ポルノ」という言葉を使い、とても有名にした人です。彼女は、オーストラリア、メルボルン出身で、職業はコメディアン・ジャーナリストで、大学卒業後は中学の教師をしていました。

ステラ・ヤングさんは、生まれつきの骨形成不全という難病で、車椅子生活を余儀なくされていました。骨形成不全は2~3万人に1人と言われています。

ステラ・ヤングさんがTEDに出演しスピーチしたのは2014年の32歳の時です。

残念な事に、ステラ・ヤングさんは、TEDでスピーチをした年2014年の12月にこの世を去りました。

ステラ・ヤングさんのTEDスピーチがYouTubeにあったので貼っておきます。


YouTubeでは日本語バージョンがみつかりませんでした。ですが、車椅子で登壇して生き生きとスピーチする「ステラ・ヤング」さんの姿をぜひ見てみてください!

 

まとめと感想

8月28日の夜は「バリバラ」VS「24時間テレビ」のようになってましたね。バリバラで登場した「感動ポルノ」とは、主に障害者を話のネタにして人に感動を与えること、というような意味合いだということが分かりました。

またその言葉が広まったのには「ステラ・ヤング」さんのスピーチがあったんですね。

結局のところ、どっちが正しいとか正しくないとかではないんだと思います。ただ、どっちか放送すれば反対の人は必ず居ます。色んな考え方の人が居て、放送するからには最低限の配慮は必要だとは思いますが、色んな番組があっていいんじゃないかな、とも思ったりしました。

「バリバラ」見逃しちゃった人は、9月2金曜0時(木曜の深夜)に再放送がありますよ!

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 - テレビ